TOP

風俗嬢になるには、前職なんて関係ありません!誰でもなれて、誰でも稼げます!

お金がガッポリ稼げてハードな分ダイエットもできちゃうなんて一石二鳥です。

イメクラのマットプレイってお客様は寝ているだけで良いんだけど、上に乗る女の子はお客様の身体の上を全身隈なく滑らなきゃいけないから、結構大変なんですよ。というか最初はこれって難しいんです。ほんと、最初のころはよくお客さんの上から滑り落ちててそのまま部屋の隅まで滑って行ったことがありました。お客さんから「どこまでいくのー?」なんて笑われてましたね。それに素っ裸でサービスするときもあればイメクラですから、コスプレしたままのサービスもあるんです。そのあたりが大変かな。でも普通のヘルスで淡々とサービスするよりはコスプレしてるほうが気分が乗るので私にはやりやすいかな。風俗で働こうかなって思ったときに何か勢いをつけるものが欲しかったらイメクラなんかはお勧めですよ。それとメイドやってたのならイメージつきやすいんじゃないかな。仕事は忙しかったせいか、結構な額のお給料をもらって家に帰り、お金がガッポリ稼げてハードな分ダイエットもできちゃうなんて一石二鳥です。

シングルベッドくらいの大きさはあるんじゃないかというマットですよ。

意を決して高収入風俗求人サイトを通じてお店に連絡して、運良く採用です。未経験なので研修という段階での話ですよ。これからマットプレインついて説明を受けるんです。『アキナちゃん、じゃあ、ロングコースの浴室サービスの研修やろっかな』『ハイ…マット、使うんですね…。』シルバーのマットを指で指しながら一応聞いてみます。『そうそう、色々覚えて貰うからねー楽しいよ♪』わぁ…また覚える事が増える…シルバーの大きなマットがバスルームに運ばれていきまいた。いよいよロングコースの研修の始まり始まり。『よし、じゃあ。せっかく着て貰ってたのに悪いけど、また服を脱いでもらおうかな』『ハイ。』『もう段取りは分かってると思うから、お客さんの服を脱がせるのは省くからね、脱いだら入ってきてね』というなり、店長はまたもや手早く服を脱ぎ、バスルームへ行きました。私も、流石に慣れて、ささっと脱いで浴室へ入ったんです。(わあ…バスルームのほとんどをマットが陣取ってる…。)シングルベッドくらいの大きさはあるんじゃないかというマットですよ。

私はお客さんの先っぽを軽く口に含みます。

まさかの高収入風俗求人情報サイトから応募した風俗店での即採用です。私はこのチャンスを逃したくなかったのでその日のうちに体入させてもらいました。今は初めての接客中で・・・『……舐めちゃうよ…?』裏筋を、下から上に舐めあげます。舌を思いっきり尖らせて硬くして、そして焦らすようにゆっくりと舌を這わせるんです……。『あっ、あっ、あっ…くっ…』案の定、そのあたりが感じるポイントらしく、お客さんの腰が少し浮きあがりました。さらにもう一度、裏筋を同じように舐め上げながら、今度は右手で先っぽを包み込むように愛撫します。『あっ…アキナちゃん、もうダメ…、もう逝っちゃいそう……』お客さんが上体を起こして、私の顔を見ながらそう言いました。『……逝きたい?』いたずらっぽく微笑みながら、わざと分かりきっている質問をしてみます。…だって、Sだから・・でもこのまま焦らしたらまじ殴られそう・・『…イ、逝きたい……』お客さんがたえらないような声を上げた。『……じゃあ……いいよ……』そう言って、私はお客さんの先っぽを軽く口に含みます。『……』お客さんが声にならない声をあげました。